おすすめ投稿

キャッシングは賢く利用すれば本当に便利なものです

最近ではキャッシングの申し込みや審査などがインターネット上でいつでも行えるようになって、返済までネット上で完結できるなど本当に便利な時代となりました。

またキャッシング会社によっては申し込みをしたその日の内にキャッシングの利用が開始できる、いわゆる即日融資が出来るところもかなり増えてきたようです。

お金というものはいつ何時急に必要となるか全くわかりませんので、このように迅速に融資を開始してもらえるということはとてもありがたいことではないかと思います。

私も以前急にまとまったお金が必要になったことがありましたが、迅速に審査を行ってもらったおかげで助かった思い出があります。
プロミスの審査ポイント
消費者金融のプロミスについての審査のことがわかりました。

いまだにキャッシングや消費者金融などに対してあまり良くない印象を持たれている方は少なく無いと思いますが、賢くキャッシングを利用すれば何も怖くないと考えています。最近では大手の銀行が経営に関与しているところもかなり増えていますから、昔より信頼度は格段に上がっていると思います。

キャッシング貯まったポイントを有効的に使おう

日々の暮らしの中で無理せずにお金を少しずつでも、キャッシングで貯めていく方法がないかと常に思っていますが、なかなか実践に至っていません。
節約しようと意識をすれば貯まっていくのでしょうが、毎月何かしら必要なものがでてきて出費となるので、思った以上に貯めることができないのです。

お金を貯めるのではなく、クレジットカードのポイントなら買い物することでどんどん貯まっていくので、口座振替だった光熱費をクレジットカード払いに切り替えることにしたんです。
携帯電話の月額使用料もカード払いにすることで、必然的にポイントが貯まっていくので次のスマホを購入する時に貯まったポイントを使用する事ができます。

端末は数万円しますので、ポイントが貯まっていると非常に有り難いです。
現金として考えると思い通りに貯めることはできないのですが、ポイントなら特に無理しなくても確実に貯まっていきます。

思いがけない金額になっている時があるのでお得感があり楽しみの1つです。

消費者金融の利用に失敗して学んだこと

消費者金融の利用に失敗して学んだこと
 あまり大失敗をするのはよくありませんが、年齢の若い内は消費者金融などの利用で1度くらいは失敗しても良いと私は思います。
なぜかというと、人間というのは自分自身で体験しないと、その痛みを強く感じることができないからです。
 過去に、私はキャッシングで返済が危なくなってしまい、家族に頼み込んで何とか返済を済ませたことがありました。
そのときは20代中盤でまだまだ遊び盛りだったので、きちんとした返済計画を立てずにお金を借りてしまったのです。
そのときは、両親が立て替えてくれましたが、父親からはこっぴどく叱られましたし、母親も今までにないくらい機嫌を損ねました。
 いくら両親が私に対して手助けしてくれる存在であったとしても、借金のことで泣きつくなんてとても情けなかったと、今ではとても反省しています。
それ以来、キャッシングやカードローンを利用するときは、必ずきちんと返済計画を立ててから借りています。
苦い経験をしてしまいましたが、失敗があったからこそ考えを改めることが私はできたのです。

主婦でもキャッシングを利用できる

主婦でもキャッシングを利用できる
世間では「主婦だからキャッシングを利用できない」と思っている人が実に多いです。
しかし、本当に主婦はキャッシングを利用できないのでしょうか。
実は、主婦であってもキャッシングを利用する事が可能です。
審査の厳しい一般のローンではなく、女性向けのローンを利用すると、借り入れをする事が出来ます。
なぜなら、女性向けのローンの借り入れ条件は、「パートやアルバイトで一定の収入があること」だからです。
ほとんどの主婦がアルバイト等をしているので、審査をパスするのは難しくありません。
一般のローンに比べ、低金利なので、無理なく返済をする事が出来ます。
スタッフが女性ばかりなので、親身になって相談に乗ってくれるのもポイントです。
女性向けローンは、全てののキャッシング店に存在するため、借りるのも簡単です。
家族や職場に知られてしまうのではないか、と考える人も多いです。
しかし、その心配は必要ありません。
職場に在籍確認の電話をする時も、キャッシング店の名前は出さないうえ、家に電話をかける事はありません。
誰にも知られないように、お金を借りる事が可能です。
主婦であってもキャッシングは利用可能なので、家計の強い味方になってくれます。

今でも勘違いされやすい「年利」の話

今でも勘違いされやすい「年利」の話
今でこそ、金利の規制が厳しくなり、年利についてどうこう言われるようになりましたが、ひと頃は、銀行の住宅ローンでさえ、年利が10%近かったことがあります。
銀行で足りずに他の民間金融を使えば、15%なんてとこもザラな話でした。
そこから考えると、今の消費者金融の20%は(当時を知る者にとっては)なんとも良心的にさえ感じられます。
その頃というのは、社会全体に金利には無頓着で、ローン会社の営業社員でさえ、「100万円を年利20%で1年借りると120万円」などと真顔で言っていたものです。
100万×20%=20万円 元金100万+20万=120万さて。
この計算になんら疑問を持たなかった方は、お金を借りるべきではないかも知れません。
確かに、1年間まるまる借りて1年後に返済する場合には、120万円なのですが、普通は毎月返済しますから、元金が変わります。
100万円を1年借りて毎月返済する場合、普通は均等払いですから、初めの月に9万円くらい返済することになります。
すると残金は91万円。
金利はこの残金にかかるものですから、翌月には82万円になっています。
日本は、複利(金利に金利をのせること)が禁止されているので、この残金に対して、20%÷365×日数しかかかりません。
100万円を年利20%で借り、毎月返済した場合の総額は1,111,609円也。
ややこしいことは覚えなくとも、最近は、ネットでも金利シミュレーションがあるので、簡単に割り出せるようになりました。
返済計画を考えるのには、とても便利です。

結婚の際に、1年間貯金を頑張りました。

私は今から12年前に結婚式を挙げました。
当初は私も妻も結婚式や披露宴を行なうつもりはなかったのですが、妻の両親から、せっかくの機会だし、これまで世話になった親戚や友人、会社関係者の人たちにしっかり挨拶しなさいと言われ、急遽、結婚式も披露宴も行なうことになりました。

妻の方は両親が結婚式費用をプロミスで出してくれると言うので問題はなかったのですが、私の方は、諸事情で両親から結婚費用はもらえず、自分で捻出するより方法はありませんでした。
日頃から貯金などそれまではしたこともなかったため、私は1年間で貯金をできるだけ頑張りました。

給料のほとんどを貯金に回し、妻とのデートもなるべく費用をかけませんでした。
小遣いでも500円貯金を行ない、600円の買い物でもわざわざ1100円を払い、500円を貯金するなどして工夫しました。

すると、500円玉だけでも40万円ほど貯金でき、無事に結婚式と披露宴を挙げることができたのでした。
貯金もその気になればできるものだと実感した出来事でした。