消費者金融の利用に失敗して学んだこと

消費者金融の利用に失敗して学んだこと
 あまり大失敗をするのはよくありませんが、年齢の若い内は消費者金融などの利用で1度くらいは失敗しても良いと私は思います。
なぜかというと、人間というのは自分自身で体験しないと、その痛みを強く感じることができないからです。
 過去に、私はキャッシングで返済が危なくなってしまい、家族に頼み込んで何とか返済を済ませたことがありました。
そのときは20代中盤でまだまだ遊び盛りだったので、きちんとした返済計画を立てずにお金を借りてしまったのです。
そのときは、両親が立て替えてくれましたが、父親からはこっぴどく叱られましたし、母親も今までにないくらい機嫌を損ねました。
 いくら両親が私に対して手助けしてくれる存在であったとしても、借金のことで泣きつくなんてとても情けなかったと、今ではとても反省しています。
それ以来、キャッシングやカードローンを利用するときは、必ずきちんと返済計画を立ててから借りています。
苦い経験をしてしまいましたが、失敗があったからこそ考えを改めることが私はできたのです。